Powered By 画RSS

【訃報】ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー逝去

1: 名無しの笛の踊り 2018/06/16(土) 23:30:35.18 ID:rNDM323y
http://lenta.ru/news/2018/06/16/rozhdestvensky/

【Rozhdestvensky dies at 87】
Noted Russian conductor Gennady Rozhdestvensky,
who directed orchestras in Moscow, Stockholm,
Vienna and London, has died at age 87.

Moscow's Tchaikovsky Conservatory announced his
death Saturday.  MOSCOW (AP)

モスクワ生まれ。
1970年代後半から西側で活動する機会が増えたが、ソ連当局は
亡命を警戒して、1983年にソ連文化省交響楽団を創設、
その音楽監督に彼を据えた。

その結果、ショスタコーヴィチとグラズノフの交響曲全集のほか、
シュニトケやオネゲル、ヴォーン=ウィリアムズ、ブルックナー
などの膨大な録音をメロディアに残すことになった。

1957年の初来日以後、度々日本を訪れた。
1969年にピアニストのヴィクトリア・ポストニコワと結婚。
2001年秋に勲三等旭日中綬章を受章。
2: 名無しの笛の踊り 2018/06/16(土) 23:32:30.37 ID:MUY5pk1r
露の巨匠指揮者・ロジェストベンスキー氏が死去(読売新聞) - Yahoo!ニュース
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00050095-yom-ent
 
3: 名無しの笛の踊り 2018/06/16(土) 23:42:46.15 ID:T1bV8xiw
昨日、ブルックナーの1,4,6,9番を聴き直していた。生の演奏も多々聴かせて
頂いた。
ニヤリと笑いながら、巧みにオケをコントロールする姿が忘れられない。

合掌。
 
14: 名無しの笛の踊り 2018/06/17(日) 07:37:31.77 ID:hlaMokgt
まじか。
2012年にやった、芸劇での
チャイコフスキーツィクルスの悲愴は
本当に名演だった。
そのあとの来日した三大バレエも
聞いたが、元気そうに見えたのだが。
長い指揮棒をちょっと動かすだけで
すごい音を引き出す
素晴らしい指揮者だった。
 
17: 名無しの笛の踊り 2018/06/17(日) 10:59:35.21 ID:g/wKGxt6
プロコフィエフは癖のある録音だけどこの人のが圧倒的だった
合掌
 
27: 名無しの笛の踊り 2018/06/17(日) 22:53:11.32 ID:LzRgzB/t
プロコフィエフのピアノ協奏曲、ポストニコワのを聴いたが、なぜかピンとこなかった。アシュケナージ、プレヴィン盤を聴きすぎたせいかな
 
29: 名無しの笛の踊り 2018/06/17(日) 23:26:23.06 ID:UUdd15RE
>>27
ピアノ協奏曲はイマイチ
交響曲は最高なんだけど
 
35: 名無しの笛の踊り 2018/06/18(月) 10:58:08.81 ID:8FPMYCrj
あれだけの長身に加えてモントゥーも顔負けの長い指揮棒
指揮台に上がって指揮したら「台いらなくね?」と言わんばかりに楽員の失笑を買ってしまい、それを契機に台を使うことをやめてしまったそうな
 
41: 名無しの笛の踊り 2018/06/18(月) 19:50:08.99 ID:8bGjaSPa
>>35
でも枠だけはあって笑えた
 
62: 名無しの笛の踊り 2018/06/19(火) 22:26:27.82 ID:8d4ByO1M
独断で選んだロジェヴェンの名演ベスト10(順不同)

チャイコフスキー:交響曲第4番(レニングラード・フィル)
バラキレフ:交響曲第2番(モスクワ放送響)
ラフマニノフ:交響曲第1番(BBC響)
ミャスコフスキー:交響曲第5番(ソヴィエト国立響)
プロコフィエフ:交響曲第3番(モスクワ放送響)
プロコフィエフ:交響曲第5番(モスクワ放送響、1963.5.18)
プロコフィエフ:バレエ「石の花」(ボリショイ劇場管)
シベリウス:交響曲第4番(モスクワ放送響)
ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第4番(ソヴィエト国立文化省響)
ニールセン:交響曲第1番(ロイヤル・ストックホルム・フィル)
 
73: 名無しの笛の踊り 2018/06/20(水) 19:52:16.72 ID:Ej9qn8y/
ロジェヴェン 2000年に1年間だけ、ボリショイ劇場音楽監督務めた。ご多分に漏れず、巻き込まれたものがあるようで。
なにかの作品が、圧倒的成功を収めて CD化されているんだよね。知っている人居る??
https://www.discogs.com/artist/283125  から探しても 妙を得ないのだよね。
かなり絞り込んでいるのだけど。。
 
75: 名無しの笛の踊り 2018/06/20(水) 20:43:57.42 ID:0ZHtmk84
>>73
その頃のボリショイ劇場との録音ならプロコフィエフのオペラ「賭博師」があるね。
エクストンからCD出ていた。もう廃盤だろうけど。
それが該当するのかなあ?一応参考までに。
 
80: 名無しの笛の踊り 2018/06/20(水) 21:36:06.57 ID:Ej9qn8y/
>>75

そういうことになるだろうと思う。
とにかく、叙情的な作品ではないと思う。
https://www.amazon.co.jp/プロコフィエフ-賭博師-ロジェストヴェンスキー-ゲンナジー/dp/B0000ZP6DG
ロジェヴェンの”賭博師”。すぐさま聞けるのは、このサイト なのだろう。
(マーホフ/ポリヤコヴァ/マチューシナ/モスクワ放送交響/ロジェストヴェンスキー)
http://ml.naxos.jp/album/MELCD1001271

賭博師。。。。。2017/2018シーズン ウィーンでの最初の新演出上演ですね。
https://www.wiener-staatsoper.at/en/staatsoper/news/detail/news/erste-staatsopernpremiere-der-saison-20172018/
(DVD化されているようで、)D・バレンボイムがロシア物を頻繁に採り上げていた時期
http://www.tutti-magazine.fr/test/detail/prokofiev_the_gambler-CMajor-dvd-fr/

この作品の大きな要は、Bubulekna役 大物のメゾ歌手が出てくるから。ウィーンは、リンダ・ワトソン。ベルリンは、ステファニア・トチスカ。
ボリショイ劇場の在任期間1年の”賭博師”(インポート盤探してみる。たぶん在庫切れだと思う/廃盤もあり得る)その国ごとで調べてみるわ。

ID:0ZHtmk84様 Danke !(独語でごめん)
 
93: 名無しの笛の踊り 2018/06/21(木) 22:41:58.46 ID:utQDKlu8
ロジェストヴェンスキーは自分が初めてクラシックのレコードを買った思い出の指揮者

アルバムはパリ管とのダッタン人の踊り、禿山の一夜、ロシアの復活祭、スペイン奇想曲だが、これは今でも掛け値無しの名演と思う。
 
95: 名無しの笛の踊り 2018/06/21(木) 23:42:26.94 ID:q+FIS4Lb
亡くなったのか・・・ 全然知りませんでした。

どこのオケだったか、1曲終わったと同時に、観客席にニコッとしながら振り向いた
姿がなんとも印象的でした。
 
96: 名無しの笛の踊り 2018/06/22(金) 04:28:36.89 ID:5L6rw7pV
>>95

>1曲終わったと同時に、観客席にニコッとしながら
ロジェヴェン より R・ノリントン/NHK・soの ベトSym全曲 の限られた番数で、
<観客席にニコッとし>た仕草は、あったよ。 たぶん2番/5番
 
97: 名無しの笛の踊り 2018/06/22(金) 04:36:23.74 ID:H9oHKLT0
それ8番な
犬ホールで聴いたよ
ユーモラスな仕種に客席から笑い声
 
116: 名無しの笛の踊り 2018/06/22(金) 19:58:44.26 ID:5L6rw7pV
ロジェヴェンの奥さん、ヴィクトリア・ポストニコワ

実家の土蔵(納屋)にお蔵入りになっているのだけど、あれは恐ろしい
シュロモ・ミンツ(Vn/Va) と ヴィクトリア・ポストニコワ(Pf) の組み合わせ。
レーベル:ERATO インポート盤  新譜発売後 直後に買った。 
なぜなら、主導権がロジェヴェンの奥さんにあるのは、すぐに判ったから。 <<演奏時間が異様に遅い。>>
強靭なタッチ。繊細なタッチ の 緩急ドライヴが巧みに交錯する ポストニコワの演奏が聞きどころだ。

曲目は、
タコ  ヴァイオリン・ソナタ
タコ  ヴィオラ・ソナタ

シュロモ・ミンツ この頃は、脚光を浴びていたけどね。。。公(おおやけ)の演奏家活動に記憶にない。
あの頃の ERATOレーベルは、 西側に出てきた V・レーピン(Vn)/B・ベレゾフスキー(Pf)の演奏も面白い。

ロジェヴェン の奥さん ヴィクトリア・ポストニコワ。やはり凄い。
 
126: 名無しの笛の踊り 2018/06/23(土) 03:14:55.72 ID:HLXpwnoB
常套的な演奏を複数聴いてきた挙句、少しだけ ロジェヴェンの凝った思考/ポストニコワのCDに触れていくことよ。
いきなり、16歳(高校1年生)の時に ポストニコワ/ロジェヴェン の組み合わせのレコード チャイコンNr1+3.
ホルヘ・ボレット(Pf)/イヴァン・フィッシャー 組見合わせのレコード ラフPfコン3 。感覚おかしくなるよ。
 
128: 名無しの笛の踊り 2018/06/23(土) 06:14:28.97 ID:hVBy0an0
>>126
ポストニコワのプロコフィエフはあまり良くなかったと言ったが
ロジェストヴェンスキーのプロコフィエフの交響曲や管弦楽曲は大好きだし
ポストニコワのチャイコフスキーも別に嫌いじゃないぞ
 
129: 名無しの笛の踊り 2018/06/23(土) 06:32:37.05 ID:HLXpwnoB
>>128
いや、好きだとよ。。
ただ、最初に 脳に焼き付けていく演奏ではない。 ということだよ。
マルタ・アルゲリッチ/キリル・コンドラシン の組み合わせも たまに聞くから 価値があるのと同じだよ。
ほどほどに聞く演奏だよ。
他人に貸すと、びっくりする ポストニコワの演奏だもねんね。
貸してよ。という人多いよ。
 
127: 名無しの笛の踊り 2018/06/23(土) 05:28:18.68 ID:UaRszdIT
リハに関する逸話。
黄泉の団員さんから聞いたが
リハ中は大体何も言わず振ってるが、
上手くいかないとロシア語で、
ぶつぶつとかなりの
辛辣な言葉を言ってたらしい。
(みんなロシア語はわからないが、
雰囲気的にわかったそうだ。)
 
148: 名無しの笛の踊り 2018/07/04(水) 11:42:23.46 ID:xU7wHybn
古い録音だけど「コーカサスの風景」はこの人の演奏が一番いいな。
フェドセーエフのはちょっと野暮ったい。
あと「ロシア管弦楽秘曲集」と発売時に名付けられた録音も面白かった。
ワイルの「三文オペラ組曲」も良かった。
 
150: 名無しの笛の踊り 2018/07/04(水) 13:03:08.77 ID:h6ITJ3Xt
最初に聴いたのが ドヴォルザークの「新世界より」だったのが、
悪かったのかな? 細やかな情緒もない強奏だけの演奏だった。
それでイメージが出来上がってしまった。

チャイコフスキーの交響曲を聴いてみたい。
 
154: 名無しの笛の踊り 2018/07/04(水) 23:30:41.14 ID:DjhFv43o
>>151
やっぱりうるさいだけですか やめとこ
 
153: 名無しの笛の踊り 2018/07/04(水) 22:21:09.53 ID:dDBmUw41
>>150
そのイメージからかけ離れたニールセンの交響曲全集(Chandos)を聴いてみよう
 
156: 名無しの笛の踊り 2018/07/05(木) 09:37:13.56 ID:KFS1nJ5Q
この人の美点は,リズム感と色彩感。チャイコフスキーなら,バレエ音楽。
少し古いけど,くるみ割り人形の全曲録音は,ずっと愛聴盤です。
 
172: 名無しの笛の踊り 2018/08/11(土) 20:21:59.23 ID:ofSN4OgJ
誰もやらなかったとはいえ、ブルックナー全交響曲の全ての版を一人で音化してみせるなんてね
ようやらはりましたわでまさにスゲエの一言ですホンマに頭が下がりますです
 
174: 名無しの笛の踊り 2018/08/12(日) 17:02:31.19 ID:8J7ZHqh1
>>172
ブル5シャルク版の録音も残してほしかったな
 
179: 名無しの笛の踊り 2018/08/18(土) 22:54:11.31 ID:iCbzn+ZF
>>174
読響のコンサートは「録音」はしてるだろ。
 
182: 名無しの笛の踊り 2018/08/19(日) 19:53:58.78 ID:ZWxBavu0
>>174
ブル5シャルク版が出たら最後に譜面台指揮棒でぶっ叩く音が入ってるなw
 
173: 名無しの笛の踊り 2018/08/11(土) 22:55:32.25 ID:+XAduFuS
ラザレフもバリバリのソ連の指揮者だろ?
あと日本によく来る人としてはキタエンコやシナイスキー。
ゲルギエフもギリギリソ連かなあ。
ヴェデルニコフまで行くとキャリアは崩壊後。
 
175: 名無しの笛の踊り 2018/08/12(日) 20:42:23.82 ID:BW+eorK+
エムルレルは他界したんだよな
 
176: 名無しの笛の踊り 2018/08/12(日) 21:22:09.63 ID:bbWeQCB4
>>175
エルムレルは、2002年に亡くなっている
 
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/classical/1529159435/

posted by スマイル at 2018年10月02日01:00 | Comment(0) | クラシック(指揮者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スワップ派におすすめのFX