Powered By 画RSS

有名だけど糞つまらん作曲家といえば?

1: 名無しの笛の踊り 2016/07/14(木) 19:23:46.91 ID:uvc4UL3e
コープランド
 
2: 名無しの笛の踊り 2016/07/14(木) 19:27:26.50 ID:Hsf/o0go
ハイドン
 
6: 名無しの笛の踊り 2016/07/14(木) 19:59:29.96 ID:lwRrNQSb
ベートーヴェン
 
9: 名無しの笛の踊り 2016/07/14(木) 21:54:31.76 ID:uyvDYIff
何をおいてもダントツでショスタコーヴィチ
信者がやたら多いのでクラヲタ相手には言えないが
 
22: 名無しの笛の踊り 2016/07/15(金) 19:16:31.39 ID:APqMvoob
ブラームス。ハンガリー舞曲以外。
 
26: 名無しの笛の踊り 2016/07/16(土) 11:22:08.15 ID:BeVV3y1R
断トツでマーラー
 
452: 名無しの笛の踊り 2016/10/05(水) 10:14:51.46 ID:lplOl9MP
>>26
は?
28: 名無しの笛の踊り 2016/07/16(土) 17:10:08.81 ID:jVI/GJOJ
ベリオ、カーゲル、マデルナあたりのイタリア現代はつまらない
でもブゾッティやノーノ、シャリーノは面白いと思う
29: 名無しの笛の踊り 2016/07/16(土) 21:22:26.16 ID:usGmu+jf
私の中での糞つまらんランク。
S ブルックナー。作曲当時に言われたという「パウゼン・シンフォニー」という
言葉の通り。長い時間をかけた盛り上がりは中断され、構築性はなく、美しい和音を
並べただけ。何で現代まで残っているのか私にはわからないレベルでつまらない。
A マーラー。最後まで聴けない。必ず途中で嫌になる。
B ヴェルディ。コテコテの序曲の中の光る要素がロッシーニほど感じられない。
好きな人がいるのだろうとは思うが。
B ハイドン。演奏しようとした時に、和声やメロディの特徴が演奏効果を助けて
くれない(当たり前すぎて特徴がない)。結果、演奏を成立させるのが極度に難しい
と思われる。ハイドンをちゃんと弾けたら立派、と言うようなハードルとしては
適していると思う。
C 高校の音楽の教科書に載っていないくらいの人
たまに面白い部分があったり印象的だったりするが、退屈に感じる部分の方が多いから
名前が出てこない、と言うことでしょうね。
 
35: 名無しの笛の踊り 2016/07/17(日) 17:53:58.42 ID:sKX9jezB
フルトヴェングラー
 
44: 名無しの笛の踊り 2016/07/19(火) 21:43:48.26 ID:/W0r41Lo
>>35
これだな
「80分に及ぶ交響曲!」を期待して聴いたときのがっかり具合といったら
 
48: 名無しの笛の踊り 2016/07/20(水) 20:27:20.49 ID:Y/YgcNiz
なぜ出てこないバルトーク。過大評価の代表だろうな。日本にバルトークを紹介した
柴田南雄も晩年にはすっかり熱が醒めていたみたいだし。「弦チェレ」の終楽章なんか
本物のリズム感が全くなくてニセモノ感がすさまじい。こんなんのに比べたらロックン
ロールのリズム感の方がずっと本物だよ。
53:無しの笛の踊り 2016/07/21(木) 08:54:11.11 ID:5DQSeDNW
ドビュッシー以外に思いつかない
54: 名無しの笛の踊り 2016/07/21(木) 20:50:10.97 ID:Jjui6tQR
ドビュッシーってヒット曲多いだろw 「月の光」「亜麻色の髪の乙女」
「牧神の午後」とか。ヒット曲が何もないのはバルトークだな。
57: 名無しの笛の踊り 2016/07/21(木) 21:28:55.41 ID:IX27Je+N
バルトーク、ストラヴィンスキー、フランク、Rシュトラウスかな
 
74: 名無しの笛の踊り 2016/07/23(土) 16:18:01.15 ID:Pz97zjvT
>>57
R・シュトラウスって、プロの指揮者はやりたがるけど一般聴衆には人気ないよな。
このスレの主旨に最も合致した作曲家かもw 俺なんか何がいいのかさっぱりわからん。
これに比べたらマーラー、ブルックナーの方(一部の曲)が遥かにわかりやすい。
 フランクもサン・サーンスが酷評していたような。
 
72: 名無しの笛の踊り 2016/07/23(土) 14:03:27.04 ID:rDS/DgYV
俺もブーレーズはいけるしラヴェルもぎりぎり耐えられるが
ドビュッシーだけは駄目だわ
 
75: 名無しの笛の踊り 2016/07/23(土) 16:28:22.34 ID:Pz97zjvT
>>72
>ラヴェルもぎりぎり耐えられる
  クラシックに向いてないだろw ラベルってヒット曲多いじゃないか。
 「亡き王女のパバーヌ」「弦楽四重奏曲」「ボレロ」「ダフニスとクロエ」
 「ピアノ協奏曲ト長調」とか、20世紀の作曲家の中ではラフマニノフと
  並ぶくらいだろ。それともゲンオン好きか?
 
77: 名無しの笛の踊り 2016/07/23(土) 17:00:59.39 ID:KK2TLoGa
ラヴェルは20世紀の作曲家の中ではめっちゃわかりやすい方だから
駄目な人は20世紀の曲向いてないと思うよ
 
83: 名無しの笛の踊り 2016/07/24(日) 07:29:23.23 ID:LDIBfscI
メンデルスゾーン。
ここまでの皆さんの意識から消えていたレベルでつまらないのでは。
私もついさっき思い出したよ。「ああ、そう言えばメンデルスゾーンがいた!!」
ロマン派におけるハイドンのような感じで、全てが破たんなくおさまるところに
おさまっていて、何もおかしいところがなく、結果何の印象も残らない。
卒業後、クラスの誰からも思い出してもらえない優等生のようなものか。
 
91:無しの笛の踊り 2016/07/24(日) 22:04:34.28 ID:LKJU6fn5
やっぱりマーラーとブルックナーは何度聴いても苦手。
 
110: 名無しの笛の踊り 2016/07/25(月) 21:27:05.98 ID:1ruCz3Gv
>>91
後期ロマン派がクラシックの到達点なんだから、この2人が嫌いな人間は本質的に
クラシックに向いていない。こういう自分は、ジャズも(最近は激減したけど)ロックも
聴くけどね。アンタはゲンオンでも愛聴しているのかい? www
 
112: 名無しの笛の踊り 2016/07/25(月) 21:42:50.48 ID:mN2HsdFz
>>110
何かを到達点と断定する
人間はそもそも音楽を聴くのに向かないよW
 
223: 名無しの笛の踊り 2016/08/21(日) 07:25:33.94 ID:P9qrcr6M
>>110
俺はR.Straussは大好きだけど、マーラーとブルックナーは駄目だな
壮大なスケールに圧倒されて小学生の頃は結構聴いてたけど、
いつもある種の退屈さを感じてた 
要するにチャーミングじゃないんだよ 
この二人は職人としては一流なんだろうけど、センスが無いんだと思う
 
225: 名無しの笛の踊り 2016/08/21(日) 09:08:51.36 ID:PNWZVWRp
>>223
1行目以外のすべての記述が意味不明
 
262: 名無しの笛の踊り 2016/09/09(金) 07:01:09.98 ID:xuwR3qKx
ガーシュイン
263:無しの笛の踊り 2016/09/09(金) 08:04:00.18 ID:87Er71ir
ガーシュインは自分でオーケストレーションできたんかな
甚だ疑問
 
264: 名無しの笛の踊り 2016/09/09(金) 08:50:15.03 ID:2qr4TmAh
不協和音を少しでも含む曲は総じてつならない
カエルの歌を超える作品は存在しない
 
265: 名無しの笛の踊り 2016/09/09(金) 10:01:26.16 ID:TMlcrOaT
不協和音の概念なんて時代と共に変わるよ
生理的なものでも無い
 
281: 名無しの笛の踊り 2016/09/11(日) 22:01:58.09 ID:HFUKKepm
英国音楽全般
 
285: 名無しの笛の踊り 2016/09/11(日) 22:35:13.90 ID:5YVkzun9
>>281
トマス・タリス - Thomas Tallis (1505-1585)
汝のほかにわれ望みなし (40声のモテット)
Spem in Alium
http://www.youtube.com/watch?v=Z3FJxDsa-5k
 
333:無しの笛の踊り 2016/09/16(金) 14:38:46.29 ID:0qcRitma
レスピーギの「ローマの祭り」はヴァイオリンのパートが
あまり派手ではないがやたら高速で難しいのでも有名 第3部・4部がとくにそう
 
336: 名無しの笛の踊り 2016/09/16(金) 18:19:42.22 ID:THRfeZZU
>>333
いい曲じゃん 松と双璧 ライブだとさらに興奮する
あのムードミュージックみたいなストリングス好き
 
334: 名無しの笛の踊り 2016/09/16(金) 15:05:14.65 ID:rjhxXWra
ディーリアス
多分これからも聞かない
 
345: 名無しの笛の踊り 2016/09/17(土) 08:27:46.37 ID:o7KX9N59
サティ
でも好きな人が好きなのはわかる気はする
 
347: 名無しの笛の踊り 2016/09/17(土) 09:57:29.17 ID:7ueY6KaW
音楽の本質は遊び、とか言ってみたりして…
でも遊びを見つけることはベートーヴェンを聴く喜びの一つだよね
ディアベリ変奏曲とかバガテルとか楽しい作品も多い
 
370: 名無しの笛の踊り 2016/09/21(水) 21:24:55.48 ID:zwxOPFAL
エルガー ブリテン ボーンウィリアムズ
 
372: 名無しの笛の踊り 2016/09/21(水) 22:45:05.20 ID:18fc4pmh
ジョン・ダウランド
http://www.youtube.com/watch?v=8KDL0J0E-s4
トマス・モーリー
http://www.youtube.com/watch?v=f2yqxneZJoU
 
374: 名無しの笛の踊り 2016/09/21(水) 23:20:20.30 ID:xN5pwG+1
ダウランド好きやで
負の方向への
あまりの突き抜けっぷりに
癒される
 
381: 名無しの笛の踊り 2016/09/23(金) 13:57:50.97 ID:3b+9Mh3H
ヒンデミットHindemith
 
382: 名無しの笛の踊り 2016/09/23(金) 14:03:38.46 ID:9tuW4wZL
ヒンデミットは面白いと思う
ミヨーが糞つまらん
 
401: 名無しの笛の踊り 2016/09/27(火) 10:39:14.28 ID:ZtRvXAg2
山田耕作
殆ど9世紀前半のドイツ人作曲家の
パクり臭い作品ばっかし
 
403: 名無しの笛の踊り 2016/09/27(火) 15:27:13.04 ID:d0TcRrcv
>>401
だから、山田耕筰さんはカゲでは、「山田盗筰さん」と言われた。
 
410: 無しの笛の踊り 2016/09/29(木) 10:59:09.47 ID:vhDfmuX0
>>403
可笑しいのは、日本人が大好きな「赤トンボ」が
フランドル地方の民謡の盗作らしい。
石原慎太郎氏も言ってた。「ありゃ、盗作だ」
 
417: 名無しの笛の踊り 2016/10/02(日) 09:41:24.21 ID:6Tt+MoHN
>>410
山田耕筰の「赤トンボ」が民謡やシューマンの序曲からのパクリだという
ことは、広く知られている。
けど、「赤トンボ」が人気があるのはアノ歌詞による。
三木露風の詩が実にいい。山田耕筰はあの詩に惚れて、彼の好きなメロディーに
つけて書いたのだ。
良い詩を素晴らしいメロディーにのせたのは、山田耕筰の凄い才能だ。
 
435: 名無しの笛の踊り 2016/10/02(日) 23:22:50.39 ID:2Oh7D4ho
メシアンだのブーレーズだの二度と聴けなくていいわ
 
436: 名無しの笛の踊り 2016/10/02(日) 23:46:26.51 ID:Jzxzjx30
ブルックナーは何番と何番の区別がつかない。
4番と9番だけ区別できるな。
 
455: 名無しの笛の踊り 2016/10/05(水) 15:17:27.70 ID:X5AWaUzA
ストラヴィンスキー、ドビュッシー、ラヴェル、バルトーク、シェーンベルク
好き嫌いは勿論あるけど、近代ではこの5人は凄いと思う
常軌を逸している感じがする
スレ違いごめん
 
457: 名無しの笛の踊り 2016/10/05(水) 17:39:19.34 ID:6fyWrqj+
>>455
全く同意
牧神の午後への前奏曲はクラシックの歴史を変えた一曲
其まであった固定概念を崩した意味でドビュッシーは偉大だ
春の祭典しかり後の4人も同じだ
 
475: 名無しの笛の踊り 2016/10/06(木) 23:23:26.04 ID:lxV+86gw
>>455
ラヴェル、ストラヴィンスキー、バルトーク。この3人は
ドビュッシーの後継者たち。
そして、ドビュッシーはアンチワグネリアン、シェンベルクはワグネリアン。
つまり、クラシックの近大はワグナーがスタートだ。
 
482: 名無しの笛の踊り 2016/10/07(金) 09:00:34.35 ID:iH+HvzN+
ワーグナー好きってニーチェもルートヴィヒも狂死したようなもんだし
ヒトラーだってそう、三島由紀夫もだね
なんか全体的に独身あるいは同性愛傾向が見られるのも共通だね
ワーグナー自身は女好きだけどw
>>480
そういや同性愛者はケバイもの豪華なもの好きだって本で読んだことある
これもニーチェのぞいて共通だなw
 
486: 名無しの笛の踊り 2016/10/07(金) 12:55:27.98 ID:wINYADp4
>>482
三島由起夫がワグナー好き、とは聞いたことありません。
 
491:無しの笛の踊り 2016/10/07(金) 15:10:33.78 ID:iH+HvzN+
>>486
『文藝』1963年12月号「三島由紀夫への質問」で
「好きな音楽家は?」「ワーグナー」って答えてます。
この数年後自作自演した短編映画『憂国』ではワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」の
「愛の死」を使ってます。その他、エッセイでもワーグナーへの言及は多いです。
三島は音楽というジャンルに自体あまり言及しない人ですけどね。
 
502: 名無しの笛の踊り 2016/10/08(土) 08:31:44.83 ID:RzTNbYOr
>>491
三島由紀夫はクラシック音楽は知らない。
ワグナーしか知らないから、自称「ワグナーファン」は当たり前。
 
503: 名無しの笛の踊り 2016/10/08(土) 09:48:31.81 ID:Fx3HGVQ+
>>502
読響振った軍艦マーチは指揮メチャクチャだった
 
505: 名無しの笛の踊り 2016/10/08(土) 11:08:38.57 ID:xCBv4yA1
>>502
?
ワーグナーしか知らなかったらワーグナーファンでいいんじゃないの?
 
487: 名無しの笛の踊り 2016/10/07(金) 13:06:48.95 ID:wINYADp4
ワグナー好きの作曲家は、こんな人たち。
ブルックナー、マーラー、フランク、ショーソン、デユパルク、
ドビュッシーとサン・サーンスは、最初はワグナー好き。その後に
アンチに転じた。
この二人は、普仏戦争でフランスが大敗したことがきっかけで、反独感情が
爆発し、ワグナー嫌いになったという説もありますね。
 
488: 名無しの笛の踊り 2016/10/07(金) 13:56:56.59 ID:zQHb/7wb
ワグナーの影響を一番受けてるのは
リヒャルト・シュトラウスじゃないかな?
何か曲調がリトルワグナーって感じ
只、導入は凄い割に中弛み感半端ないが
 
  

posted by スマイル at 2016年10月17日00:00 | Comment(0) | クラシック(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スワップ派におすすめのFX