Powered By 画RSS

島涛本作曲家のオペラ島刀@より



1: 耕作ちゃん 2008/01/06(日) 14:18:11 ID:vdDSqfmp

今春は「美女と野獣」「黒船」と創作オペラ上演があります。 

日本オペラ「美女と野獣」1.jpeg     黒船 1.jpg

日本人作曲家によるオペラ(日本語以外の台本に作曲したものも含め)について語ってください。
観劇レポート歓迎。





2: 名無しの笛の踊り 2008/01/06(日) 14:22:16 ID:AgCxSupM
美女と野獣は確かあのミュージカルのストーリーと同じだよね?
黒船はなかなか良いオペラですよ!あと何と言っても夕鶴、
春琴抄あたりは日本の代表作でしょう!


13: 名無しの笛の踊り 2008/01/19(土) 13:48:19 ID:k/0xvGZ1
>>12
客席やホワイエが尼さんと坊さんでスタイリッシュに染められた公演ですたw
「いいとこ取り」は表現としてはよくないかな。>>12みたいに「オマージュ」だ;。
オーケストレーションは他人だけど「オマージュ」的な面を汲んだものでよかった。
ヴィンセンチオ・チマッティ神父は記念館で他のオペラ作品もCDで売ってるようで
興味あるのだが、購入時に入信を勧められそうでちょっと;;w

>>11
台本が個人的には引くんだが音楽はいいよね;
なぜか終曲に「女郎蜘蛛の理」のラストが思い浮かぶ漏れ;w

>>2
春琴抄は昔新国で観たyo-!
舞台転換の間が無ければ音楽の繋がりがよくなるのにー、とかおもた。
スタンダードになってもいい作品なのにね。


3: 名無しの笛の踊り 2008/01/06(日) 14:26:28 ID:vdDSqfmp
「美女と野獣」は話が和風な味付けで新感線の先駆けかもw


5: 名無しの笛の踊り 2008/01/06(日) 19:39:31 ID:mryrlTEt
「黄金の国」っていうの好きだったなぁ。


6: 名無しの笛の踊り 2008/01/06(日) 21:36:04 ID:7KplEMJ8

現代音楽
http://music8.2ch.net/contemporary/

こちらもご利用下さい


8: 名無しの笛の踊り 2008/01/11(金) 03:50:42 ID:mNtqNDw/
「美女と野獣」初日age


54: 名無しの笛の踊り 2008/02/28(木) 17:43:51 ID:QHjkBxt4
>>8
「美女と野獣」は野獣側の美術が狙いすぎだったな。ほとんど○ペラ座の怪人。


10: 名無しの笛の踊り 2008/01/16(水) 18:00:27 ID:ssljjxB9
オペオタが望むオペラって 近代イタリア風なのかな?
日本人じゃないけどチマッテイ神父の「細川ガラシア」は
ヴェルディ〜マスカーニのいいとこ取りだった。


12: 名無しの笛の踊り 2008/01/18(金) 16:50:57 ID:yPQZpPQz
>>10
確か1940年初演の「黒船」より何ヵ月か前の日本語による
初のグランドオペラだったよね
2、3年前に再演されたね。オペラシティで。


53: 名無しの笛の踊り 2008/02/24(日) 14:22:22 ID:bMDJ1og2
「黒船」舞台上演は初めて観た。
ストーリーが内容盛り込み過ぎで散漫な印象なのは舞台でも変わらない。
だけどこの「内容てんこもり」は当時の演劇、歌舞伎にもあてはまる
ものではなかろうかと思う。
市川猿之助氏のスーパーカブキなんかもそうでしょ?
>>10の「細川ガラシア」も同様な傾向がある。「細川ガラシア」は
歌舞伎台本から派生したオペラだしね;
とはいえ上演の価値はあったわな。少なくとも自分にはw


14: 名無しの笛の踊り 2008/01/22(火) 17:38:39 ID:jCD5raQM
新国の「黒船」は完全全曲なの?

新国といえば「おさん」の人はこりちゃったのだろうか。
京極夏彦の幽霊物なんかオペラ化して欲しいものだが


16: 名無しの笛の踊り 2008/01/23(水) 00:33:50 ID:SKvAcYHm
新実徳英の白鳥は正直ビミョーだったな


18: 名無しの笛の踊り 2008/01/23(水) 13:11:12 ID:KhUc7/w2

林光の「白いけものの伝説」てどうよ?


19: 名無しの笛の踊り 2008/01/23(水) 13:51:02 ID:3tYjkBnO
>>18

林光なら、”セロ弾きのゴーシュ”のほうがポピュラリティに一日の長かな。
フランス語字幕つけての上演も
なかなかかの国では受けてたみたいだし。


22: 名無しの笛の踊り 2008/02/01(金) 13:16:07 ID:3po30TXt

永井荷風脚本の『すみだ川』


25: 名無しの笛の踊り 2008/02/04(月) 22:01:51 ID:i9iYkgPD
>>22
それより「煙」とか「秋の別れ」をオペラ化してほしいもんだ。


24: 名無しの笛の踊り 2008/02/04(月) 16:26:05 ID:Z2NyPBuB
30分かかるという序景をつけてやるのは初めて。完全版初演。
ここを新国は宣伝材料にすべきなのに。
やる方もよく分かっていないのでは?


35: 名無しの笛の踊り 2008/02/09(土) 07:23:30 ID:/rZbTh4o
>>24
そうだよねぇ・・・・俺もそこが最大の売り物になると思うんだが。
聴衆にもマスコミにも。


36: 名無しの笛の踊り 2008/02/09(土) 12:01:53 ID:6O+86yiD
>>35
叙景は十何年たってから付け足したもので、演出家は必要ないという立場。
若杉さんが栗山御大を説得して完全上演することになったらしい。


38: 名無しの笛の踊り 2008/02/09(土) 21:17:36 ID:6zrAOwwY
>>36
ドラマの観点から見たら明らかに蛇足だものねえ。
流石歌手出身の氏でも序景の扱いに困ったでしょうなぁ。
異稿ヲタとしては大歓迎だけどさw


39: 名無しの笛の踊り 2008/02/09(土) 22:37:30 ID:if0Z3X4U
>>35

嘘書くなよ。序景がいちばん先に作曲されたんだよ。


26: 名無しの笛の踊り 2008/02/05(火) 05:03:15 ID:u0zCfXIb

どっかのセンセが紹介してた戸田邦雄の「あけみ」。
12音とかテープ音楽うんぬんよりも 風俗的なストーリーというのが惹かれるな。
どっかで上演してほしいものだが。


191: 名無しの笛の踊り 2008/10/29(水) 06:38:49 ID:aqNL+K39
イタリアやドイツの発声で日本語のオペラをやってるのが気持ち悪すぎる


192: 名無しの笛の踊り 2008/10/29(水) 07:55:45 ID:KqSUsD/r
>>191
まあ最近はヴィブラートの少ない言葉のはっきり聞き取れる歌手も
多くなってきているけどね。


195: 名無しの笛の踊り 2008/10/30(木) 06:38:29 ID:zPt4eTNo
貴志康一が主人公の「ベルリンの月」ってオペラがあるそうだが
生誕100年記念で再演するとかないのかな。
初演聴いた事ある人いる?

ベルリンの月 1.jpg



244: 名無しの笛の踊り 2008/12/15(月) 07:56:08 ID:JbMJAwuT

>>195
「ベルリンの月」関西歌劇団が来年4月に改訂試演予定


245: 名無しの笛の踊り 2008/12/16(火) 16:25:55 ID:hQyU5vus
>>244
初演聴いた方います?


248: 名無しの笛の踊り 2008/12/22(月) 01:38:38 ID:pMYD+p6K
>>245 「ベルリンの月」最悪ですた。再演しても観る気はないなー


250: 名無しの笛の踊り 2008/12/22(月) 07:41:03 ID:a5s7AyMC
>>248
「ベルリンの月」どのように「最悪」だったのか詳細教えてくだされ。
例えばヒンデミットの扱いが酷いとか挿入される貴志作曲の
歌以外は無調だったとか;
舞台上に演技エリアだけしか大道具が建っていないとか・・・・


260: 名無しの笛の踊り 2009/01/08(木) 15:50:45 ID:wb2CeCbh
>>250
私も見てた。
大道具が手抜きしすぎなの思い出したw

ベルリンの月の内容はうろ覚えだけど
マリア・バスカと恋仲になる
ヒンデミットと喧嘩
とかがクライマックスだったと思う。
創作オペラだから別に事実に即してなくていいと思う。でも
どうしてももう一度見たいっていうんじゃなかったなー。
ストーリーがありきたり?
学芸会のノリで白けたの覚えてる。曲は…覚えてない。
歌曲は何曲か入ってたと思うけど。
期待しててあれだったら最悪っていいたくなるかも。

なみ子も見たけど、なんでもっとお金かけてなみ子をやらないんだろ?



252: 名無しの笛の踊り 2008/12/24(水) 08:17:02 ID:M7dvZZ1T
>>248
「最悪」とまでいわれるとどんな内容か気になる


202: 名無しの笛の踊り 2008/11/05(水) 20:37:41 ID:PYJbuTWt
オペラではないが、TVで松本隆&千住明「交響詩源氏物語」聴いたけど
松本隆がポップス的な歌詞で上手く集約してくれたのに
千住が上手く曲を付けてくれていた。
島田&三枝の悪い部分を取り去るとこんな感じになるかもしれないw

しかし明石の君が来ると(女三宮通り越して)紫の上が急死して
ジ・エンドというのは此所最近の流行なのかw


204: 名無しの笛の踊り 2008/11/13(木) 06:56:28 ID:rwZn5XFN

長田原の「夢十夜」は4夜しかオペラ化していない;
吉田進の「隅田川」といい海外で活動している作曲家が
日本語のリブレットに作曲・上演しているのに対し
日本在住の作曲家が外国語のリブレットに作曲して
インターナショナル化を狙っている。
この奇妙な現象は何を意味しているのだろうか?


356: 名無しの笛の踊り 2009/05/14(木) 01:53:23 ID:szaMXuiB
白夜の愛、良かったぞ。


357: 名無しの笛の踊り 2009/05/14(木) 04:32:07 ID:plz56lTS
>>356
初演しか聴いて無いが当時から割りと良かった。
できれば改訂版の詳細キボンヌ。


360: 名無しの笛の踊り 2009/05/19(火) 04:48:10 ID:wzPNwLl6
今夏初演予定の「終わらない夏の王国」
・・・・・確かに8/31だけは終わってほしくない子供のころの自分。
(夏休みの宿題は早めにやりましょう)
宣伝美術からしてコワイ結末が用意されているうだ。


371: 名無しの笛の踊り 2009/06/05(金) 16:57:21 ID:IMnNl5dL
貴方は御伽歌劇「ドンブラコ」を聴いたか!!



403: 名無しの笛の踊り 2009/08/14(金) 17:59:41 ID:J4w6HaeB
東京芸大で上演された「新曲浦島」。ある意味凄い事になっているw

新曲浦島.jpg


404: 名無しの笛の踊り 2009/08/15(土) 14:27:47 ID:+bOI6Dzx
>>403
「聖と美」の分け方がおおらかな日本ではヴェーヌスとエリーザベトを
合体させて乙姫に してしまってもオーキードーキーだったんだな。


406: 名無しの笛の踊り 2009/08/22(土) 18:45:59 ID:tKAZcZjK
金沢初演の「僕たちの終わらない夏の王国」
子供主体の上演オペラというとブリテンが有名だが今回金沢で初演の
作曲家は 優秀なアマチュアより悪ガキ的個性もお好みの様だ。
魅力的な旋律が強いのも特徴 特徴だが、苦い風刺をこめたホラー要素の作品。
再演は・・出演者に人(子供)を得ないと難しいな>


407: 名無しの笛の踊り 2009/08/23(日) 22:54:41 ID:7qpfGJfy
>>406
謎の館と謎の男の抱える自己矛盾はトレーナーであり作者でもある作曲家がふと
自分の立ち位置から思いついたものかもしれませんね。そこが興味深かった。


659: 名無しの笛の踊り 2012/03/19(月) 21:34:35.72 ID:kIyDRPj9
6/3「春香」初演版

春香 1.jpg

672: 名無しの笛の踊り 2012/06/04(月) 15:49:03.81 ID:fddBMYVz
>>659
観て来た
十年前の横浜での改訂版(オリジナルの楽想と台本をやりくりして伝承通りの
ハッピーエンドにした)に比べると ストンと納得出来た。
改訂者(作曲者自身と助手した人)には申し訳ないが改訂版の最後はなんか
もやもやさまーずな感じだったからw
パンフレットには「ヴェリズモオペラ」の影響が歌ってあるけど、
自分個人の印象ではアリアに有節形式を用いたり音楽付きの台詞場面(メロドラマ)と 
全体的な軽やかさ(良い意味での)がメサジェやシャブリエの近代フランスの
ライトオペラに近いものを感じた。 
上演自体はシンプルながらワゴン使用と照明で分かりやすい舞台と
登場人物に明確な性格付けがなされていたのが印象的。 
祭りの踊りも横浜に比べるとおとなしめながらまとまっていた。
スタッフに舞踊の他殺陣(新感線系地元劇団)の名が挙っていたから 
舞台の功労者はこのスタッフかもしれん。
(横浜の改訂板は急な傾斜の八百屋舞台+ホリゾントに朝鮮の風景スライドで
韓国観光案内みたいだった)
こじんまりとしながらこの制作で横浜持ってってもいいんじゃね?な感じだった。


675: 名無しの笛の踊り 2012/06/17(日) 01:20:58.72 ID:jeBwZPLu

もうすぐ浜松で上演される「かぐや幻想」って誰か知ってる? 評判いいらしいけど。


678: 名無しの笛の踊り 2012/06/30(土) 21:06:09.14 ID:bxKm1gnv
>>675
「かぐや幻想」演出は荒井間佐登氏、作曲は鳥山妙子氏
海外公演に持っていけるような作品
主演がフルーティストのyumiだったのも驚き
人生は何事をも為さぬには、余りに長く、何事かを為すには余りに短い
考えさせられる作品だった


679: 名無しの笛の踊り 2012/07/05(木) 05:46:42.70 ID:5Ze2i5kw
>>678聴き逃した。残念。
7/16熊本でオペラ「細川ガラシャ」


706: 名無しの笛の踊り 2013/01/20(日) 10:33:33.27 ID:QWlTHJo+
千住明「万葉集」オーケストラ版初演
・・・以前の弦木管の小規模な版のほうがバランス良かったきがする。
あと合唱多すぎるw割には言葉が聞き取れるのに大して独唱が苦戦;
 形態からして今後もオラトリオというか演奏会形式の上演だろうけど、
万が一舞台上演するなら初期の室内楽版でたのむ。


707: 名無しの笛の踊り 2013/01/22(火) 11:11:52.90 ID:/nhxZWc9
>>706
でも千住氏は三枝氏より楽想というかメロデイの引き出しが多いな。


722: 名無しの笛の踊り 2013/03/31(日) 10:55:36.25 ID:FWB5yNLW
三枝成彰のオペラ「神風」BS朝日の放送みたが
作品自体はともかく;(オーチャドでなくもっと小さな中規模な劇場なら
女声の高音域の言葉も聞き取れただろうに)
千住博のストイックな美術や、欧米に比べてローテクだろうけど映像投射や
照明は効果的だったよ。

神風.jpg


723: 名無しの笛の踊り 2013/03/31(日) 16:47:43.75 ID:INr8vpib
曲はどうだった?


725: 名無しの笛の踊り 2013/04/04(木) 10:37:42.08 ID:JQOHPEJG
>>723
「忠臣蔵」「jr.バタフライ」より良いよ。
>>724みたいに女声がつらいけどw
前述の二作に比べると楽想も多いし皮肉にも特攻を鼓舞する軍歌の
モティーフが 楽想にバラエティを加えてる。新国で再演もいいかも。


724: 名無しの笛の踊り 2013/04/01(月) 06:08:23.70 ID:mLsh32KO
ざっと全曲聞いた時点で
いつもの三枝節、というか
・優しい音楽で泣かせるつもり
・音楽における感情表現のバリエーションが少ない
・独唱男声陣はアリア以外ジャーン!ババーン!と不協和音とパルトランド
・オケは時々室内楽的に響かせるのは良いけど他は大音響で歌手の邪魔
・独唱女声が音域が高すぎて言葉わからん。
うわ、ネガティブな要素ばっかだ;
・台本は島田王子よりかなりまし。
・アリアの歌詞を一部大貫妙子に担当させたのは良いアイデア。
 劇団新感線の台本中島かずき+挿入歌歌詞森雪之丞みたいなもんか。





727: 名無しの笛の踊り 2013/04/22(月) 11:36:19.85 ID:1X4zZWh4

12/7,8
仙台で「遠い帆」

  






元スレッド:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/classical/1199596691/

posted by スマイル at 2013年04月30日20:00 | Comment(0) | クラシック(演奏  声楽・器楽曲) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スワップ派におすすめのFX